GoogleMapsAPIプレミアムの使い勝手

subpage01

GoogleMapsAPIは無料版だけでも使えますが、さらに便利に使いたいのであればプレミアムプランに変えた方が良いでしょう。


業務や組織で24時間体制の技術サポートが受けられるので、GoogleMapを活用するソフトウェアの開発に力を注ぎたいのであればプレミアムプランが適しています。



GoogleMapsAPIの使用割当量はAPIごとに異なり、ウェブサービスの場合はリクエスト数によって計算されます。

ウェブでのAPIは地図の読み込み数によって使用割当量が決まります。


もしGoogleMapsAPIの使用量が予想以上に増えて使用上限を超えた場合には、エラーメッセージが表示されて、何度も上限を繰り返しているとAPIへ一時的にアクセスできなくなってしまいます。



急にAPIが使えなくなって業務に支障を生じないようにするには、プレミアムプランの方が安心です。



プレミアムプランまでは必要ないけれども、使用量の上限を超えてしまい高額な課金が発生するのを回避したいのであれば、1日あたりの課金上限額の設定をしておきましょう。

1日の無料割当量には上限があるので、使用量を上限量に設定しておけば予想外の課金を防ぐことができます。

GoogleMapsAPIは様々なジャンルの企業で活用されています。
例えば不動産賃貸業、子供やお年寄りを見守るサービス提供会社、航空会社など、地図が活躍する事業ではビジネスの推進の役に立っています。